メディア | KURAGE online

メディア | KURAGE online

「 声 」 の情報 

「中国のマナー違反が炸裂した」韓国メディア、女子代表の五輪予選敗退に敵国を糾弾!「観客は ...

韓国メディア『Inter Football』は、「マスクなし、声を出しての応援、時間稼ぎ。中国は選手も観客もマナー違反が炸裂」と題した記事を掲載。

大谷翔平の3号ソロは「文句なし」、片手フェン直二塁打は「別次元」 米メディア称賛の嵐

逆方向へ圧巻の一発に米メディアは「相当なパワーを見せつける」「文句なし」と驚きの声を上げている。 第3打席で3号ソロを放った

マキロイによる“父・襲撃打” 直撃した決定的瞬間に米驚き「どんな確率」「あらら」

実際の映像を米メディアが公開すると、米ファンからは「どんな確率よ(笑)」「わざと?」などと驚きの声があがっている。 ロリー・マキロイ【

衛星放送PSI、民主派チャンネルを遮断

ミャンマーの独立系メディアの「ミッジマ」と「ビルマ民主の声(DVB)」の衛星テレビのチャンネルが8日、タイ系衛星放送事業者のPSI・

自動車大手「フォルクスワーゲン」エイプリルフール企画で炎上 メディアから「詐欺だ、信頼 ...

こうした動きに、メディア各社からは怒りの声が相次いだ。 「真面目なジャーナリストや報道機関を、マーケティングや広告の目的で利用するべき

マンガ好き&読書好きが選ぶ、2021年春のメディア化作品・注目度ランキングを発表!1位は実写 ...

これ以上ないベストなキャスティングに喜びの声があがりました。 【春のメディア化注目度】1位:るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―(映画化).

「最悪を最悪で塗り替えた!」怒れる韓国メディア、日韓戦惨敗の母国代表チームを痛烈批判 ...

まさかの惨敗に衝撃を受けたのが韓国メディアだ。ベストメンバーではなかった点やゼロトップ採用など戦術の不備を指摘し、擁護する声も一部には

亡命者らが生んだミャンマーメディア 日本特派員の思い

現場に駆けつけてその様子を伝えているのが、ミャンマーメディア「ビルマ民主の声(DVB)」の日本特派員、ゾーゾーライン記者(57)だ。

エンゼルス・大谷の活躍に米メディアが放送禁止用語を交えて絶賛

【オープン戦 エンゼルス17ー8インディアンス ( 2021年3月16日 テンピ )】 エンゼルスの大谷の絶好調ぶりに、米メディアからも称賛の声が相次いだ

大谷翔平また打った~!今春2本目バックスクリーン越えに米メディアも騒然 放送禁止用語入りで ...

バックスクリーン越えは、3日の飛距離468フィート(約143メートル)だった1号に続き、今春2本目。米メディアからは、驚嘆の声が相次いだ。

Copyright© メディア | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.