【速報】メディア 情報局 | 最新情報 口コミ情報

メディア 情報局では、「メディア」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 ソーシャルメディア 」 一覧

no image

名古屋で映像・動画制作を展開する株式会社トラエルが街の企業活動を支援する制作サービスをスタート!

Webやソーシャルメディアを利用した情報発信において、より企業やサービスの求心力を高めるため映像・動画でユーザーに情報を届けるケースが増えています。

no image

木村花さんの死が問う「虚構に踊る人々」の愚鈍

木村さんがソーシャルメディアで誹謗中傷されるきっかけになったのは、番組内での「素行」だったといわれている。とりわけ自身のプロレス用衣装を同居の男性に …

no image

子供の身づくろい:警察は10000のソーシャルメディア犯罪を記録します

イングランドとウェールズの警察は、わずか2年半の間にソーシャルメディアで10,000件を超えるオンライングルーミング犯罪を記録しました。 メソッドが記録された …

no image

トランプ大統領 ソーシャルメディア対象の大統領令に署名

詳しい内容は明らかになっていませんが、ソーシャルメディアを運営する会社などからの反発も予想され、波紋が広がりそうです。 続きを読む.

no image

「ソーシャルメディア、規制か閉鎖」 ツイッター社注釈、トランプ氏が反発

トランプ米大統領は27日、ツイッターへの投稿で「(与党の)共和党はソーシャルメディアが保守派の意見を封じ込めてきたと感じている」と不満を表明し、「( …

no image

トランプ大統領、ソーシャルメディアを規制する大統領令に署名か

アメリカのトランプ大統領は、ソーシャルメディアの規制のため、1996年に成立した通信品位法 第230条を修正する大統領令を準備していると主要メディアが伝え …

no image

茂木健一郎氏 ソーシャルメディアの在り方に持論「政治の介入を招く前に根本的改善を」

脳科学者の茂木健一郎氏(57)が28日、ツイッターを更新し、今後のソーシャルメディアの在り方について持論を展開した。 茂木氏は「木村花さん事件に強まる …

no image

「ハチ食らうカマキリ動画」全米で注目集める訳

アメリカのソーシャルメディアでは今、北米での生息が初めて確認されたオオスズメバチが、生きたままカマキリに食べられる動画が注目されている。 当記事は「 …

no image

トランプ氏の戦術:中国をスケープゴートに―独メディア

現在、いくつかの動画広告がソーシャルメディアで配信されている。その目的は、バイデン氏に「親中国」のレッテルを貼ることだ。だが、保守的な政治批評家で …

no image

メディア衝撃…スーパーでマスクなしで逆ギレの女性がボディスラムで抑え込まれて逮捕

捕劇の模様はソーシャルメディアで拡散 非番の警察官が逮捕. 米アラバマ州のスーパーマーケットでマスクを着用せずに買い物をしていた女性客が店員に注意され …

no image

津田がこれまでどのように情報とつきあってきたか、現在はどのようにしているのかが書かれた「津田大介 …

ソーシャルメディアは一期一会大学の授業で学生たちに、金正日死去のニュースを何で知ったかを聞いた(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2012年) …

no image

【解説】 デマを広める7タイプの人々 新型ウイルス流行の影で

新型コロナウイルスをめぐって、陰謀論、デマ、臆測がソーシャルメディアにあふれている。でも、そうしたうわさは誰が始めたのか? そして誰が広めているのか?

no image

【寄稿】 金正恩氏の死亡説 うわさはどう生まれ、どう拡散した?

中国のソーシャルメディアでは、金氏の専属医たちが恐れおののいて手術を施せず、中国の医療チームが北朝鮮に到着する前に金氏が死んだとささやかれていた。

no image

新型コロナ危機 スイスインフォもテレワーク導入

ユーザーの反応やソーシャルメディアでのやり取りを見ると、ユーザーのバックグラウンドが様々であることもわかる。 例えば在外スイス人、スイスとビジネスをして …

no image

金正恩重体説に飛びつく期待と幻想

突然、ソーシャルメディアに金正恩が脳死した、昏睡状態に陥った、またはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)にかかったという情報があふれだした。

no image

ドイツの金メダリスト ”自宅トライアスロン”配信で寄付集め

… の寄付金を募ろうと、ドイツ出身で北京オリンピック金メダリストの選手が自宅でトライアスロンに挑戦し、その様子をソーシャルメディアでライブ配信しました。

no image

ネットで大人気「手を洗うオランウータン」 実はフェイク投稿

その後、意図せぬソーシャルメディアの伝言ゲームが続く。この動画を見た人々が、それぞれ独自のキャプションを付けて再投稿したのだ。ネット上を拡散するうちに、 …

no image

ソーシャルメディアなどで…

ソーシャルメディアなどで、同じような意見の人がお互い賛成し合っているうちにますますその信念が増幅・強化されるのを「エコーチェンバー」現象という。エコーは …

no image

公式ソーシャルメディアアカウント

ソーシャルメディアにおける当社および当社社員からの情報発信のすべてが当社の公式発表や見解を必ずしも表しているものではありません。正式な発表に関して …

no image

コロナウイルスとの戦い:アーティストたちの「ソーシャルメディア・コンサート」

当局の警告を受けて家から出ないよう努めている有名人たちが、連帯の目的で、YouTube、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアの …